当サイト使用テーマ【SWELL】を見てみる >>

「離婚」という言葉を絶対に口に出してはいけない3つの理由(シングルファザーの経験談)

URLをコピーする
URLをコピーしました!

私は数年前に離婚してシングルファザーとなりました。

離婚を乗り越え、今は楽しく充実した日々を送っています。

今この記事をご覧になっているということは、大なり小なり離婚のことを考えているのではないでしょうか。

結婚して、子どもが生まれ、家を買って、老後は夫婦2人でここで暮らしていくんだろうな。

ごく普通の夫婦であれば、なんとなく、漠然と、当然のように考えることだと思います。

私もそうでした。

「離婚」という言葉は、自分とは関係のないものだと思っていました。「シングルファザー」なんてなおさらです。意識したことは微塵もありませんでした。

結婚した夫婦の3組に1組が離婚すると言われています。離婚は珍しいことではないんです。

とはいえ、夫婦円満に添い遂げるのが一番です。

「離婚」という言葉が頭に浮かんでいる時点で黄色信号。

そして、それを口に出したら、本当に離婚に向かってしまうこともあります。

今回は、私の経験を踏まえ、夫婦円満でいただくために、「離婚」という言葉を安易に口に出してはいけない理由を3つお伝えします。

なやむ君

かなり激しめの夫婦げんかをしたとき、イラッときて「離婚だ!」って言いたくなっちゃいます。
本当に離婚するつもりはないんだけど…。
でも離婚についてちょっとだけ考えることは正直あります…。

筆者(アヲアヒル)

一度口から出た言葉は、もう二度と戻せません。相手に深く刻まれます。安易に「離婚」を口にするのは絶対にやめてください。
天空の城ラピュタの『バルス』級にまずいです。
いいことはひとつもありません。

目次

【その1】口から出た言葉は戻せない

口から出た言葉は、戻すことはできません。なかったことにできません。自分が不意に発した言葉が、相手に一生残ることもあります。

相手が傷つくような言葉をぶつけてはいけませんし、「離婚」という言葉をぶつけられたら、おそらく言われた側の中に一生刻まれることになるでしょう。

【その2】ケンカの火に油を注ぐことになる

「離婚」という言葉が出るのは、おそらく夫婦げんかをしているときだと思います。

おたがい気が立っているときに、「離婚」だなんて言葉が出たら、さらにヒートアップ間違いなしです

売り言葉に買い言葉となり、収拾がつかなくなることでしょう。

【その3】本気じゃなくても本当に離婚に向かっていく

「離婚」を口に出したとたん、言った側、言われた側のおたがいの頭に「離婚」という言葉が残ります。

今まで意識したこともなかった「離婚」という選択肢がそこで生まれます。

勢いで言ってしまった「離婚」という言葉が、夫婦げんかのたびに頭をチラつくようになります。

言霊(ことだま)とはよく言ったもので、本当に離婚する気がなく勢いで言ってしまったとしても、だんだん離婚に向かっていくんです。

夫婦げんかのたびに、「離婚だ!」と心にもないのに言葉に出すのは絶対にやめましょう。

取り返しがつかなくなります。

【おまけ】本当は離婚したいと思っていても安易に「離婚」と言わない

上の3つのことは、夫婦円満のために「離婚」と言葉にしてはいけないというお話でした。

では、本当に離婚したいと思った時はどうしたらいいと思いますか?

離婚は切り出すタイミングが大事です。

離婚は、財産分与、親権、養育費など決めることがたくさんあります。

知らないことがたくさん。

ネットで調べればいくらでも出てきます。

できれば本を買って読むことをお勧めします。

あらかじめ知識を蓄え、準備をして、万全の体制になった段階で離婚を切り出しましょう。

そうすることで、自分に有利に離婚手続きを進められる可能性が高くなります。

私は離婚の公正証書(離婚にあたっての取り決めのようなもの)を自分で作成しました。もちろん元妻の意見も取り入れましたが、土台を私が作ったので話を進めやすかったです。財産分与の計算も私がしました。後腐れないように、包み隠さず、きっちり正確に計算しました。

離婚するか迷ったら・・・

私もそうでしたが、まずは調べる。ネットでいくらでも調べられます。

でも、できれば本を読むことをおすすめします。

私は離婚関連の本を読みあさりました。

その中でまず最初に絶対に読んでいただきたい本があります。

夫婦の危機 「これ」がわかれば9割やり直せる! 妻と夫のカウンセリング』。

表紙はちょっと怪しい感じですが(著者の方すみません!)、超絶おすすめします。

離婚に突き進む前に、やり直すことことをまず考えましょう。

離婚を決断する前に必読の本です。

離婚すると決意したら・・・

そして、もう離婚すると心に決めた人におすすめの本、『ケース別 離婚協議・調停 条項作成マニュアル』。

離婚手続きに関する用語がネットで調べ、具体的な離婚協議書、公正証書の作成についてはこの一冊で充分です。

私はこの本を参考に公正証書を作成しました。

離婚を決心した方には必携の一冊となります。

離婚を口に出して、いいことはひとつもない

「離婚」という言葉を口に出すことは、パートナーを傷つけるだけでなく、関係も悪化し、本当に離婚に向かっていってしまう恐れがあります。

いいことはひとつもありません。

安易に口に出すのはやめましょう。

夫婦円満が一番です。

離婚なんて言わず、まずはやり直すことを考えてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事を読んだあなたが、なんとかなって、幸せになることを願っています。

ふたつのランキングに参加しています。よかったらポチッとお願いします。

アヲアヒル
ブログに夢中なアヒル
小学生のひとり娘を育てるシングルファザーの公務員。「なんとかなる」がモットー。人生山あり谷ありだけど、なんとかなる。これからも色々なことに挑戦して、なんとかなっていけたらいいなと思っています。ブログ運営もその1つ。
このブログを見ていただいた皆さんも、ブログを通じてなんとかなってもらえたらうれしいです。
【資格】FP2級、宅建、色彩検定2級

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる