当サイト使用テーマ【SWELL】を見てみる >>

シングルファザーになる前に覚悟しておくべき3つのこと

URLをコピーする
URLをコピーしました!

離婚はしたいけど、子どもと離れて生活するのは嫌。

妻に預けるのは心配でとても無理。

そういうパパさん、いるんじゃないでしょうか。

私は離婚してひとり娘を引き取りました。

離婚にあたり、子どものケアをしっかりしておくのは当然のこととして、今回は離婚後にシングルファザーになる前に覚悟しておくこと3点を紹介します。

なやむ君

離婚を考えているけど、子どもは手放したくないんです。
シングルファザーの人は周りにいないし、相談できる人がいません。

筆者(アヲアヒル)

小学生のひとり娘を育てるシングルファザーが、実体験をもとにお話しします。
この記事を読むことで、シングルファザーになる前に覚悟しておくことがわかるようになります。

目次

その1 世間の目が変わる

これはシングルファザーに限ることではありませんが、「離婚」「バツイチ」というレッテルを貼られ、色眼鏡で見られます。これは仕方のないことなので、受け入れるしかないです。

職場、地域ではシングルファザーになったことは噂で広まるものです。こそこそ陰で言われるより、自分から言ってしまった方が楽。

そうすることで、シングルファザーということに触れていいか迷っている人にも、「あ、言っていいんだ」と安心してもらえます。ネタにしてしまうくらいの方がいいです。

子どもを妻側が引き取ったバツイチ男性に比べて、シングルファザーの方が「奥さんの方に問題があったんだろうな」と勝手に思ってくれがちです。その点では、同じバツイチでもシングルファザーの方がマイナスイメージはつかないと言えます。

その2 自分の時間が減る

仕事の他に育児、家事をワンオペでこなすことになるので、当然自分の時間というのが減る、というかほぼ無くなります。

仕事にも支障が出てきます。

私の場合、職場の上司が理解のある人だったため、子どもが慣れるまでは極力定時で上がらせてもらいダッシュで帰っていました。

また、離婚にあたり他県の私の実家に引っ越し、家事や日中の子どもの面倒は私の両親に頼っています。

このことについては、また別の記事で紹介しようと思います。実家に頼れる人は頼った方が仕事に集中できるし、自分の時間の確保もできるのでオススメですよ。

その3 地域のママさんコミュニティへの参加

これは地域に寄りますが、PTAや地域の役員といったものに強制参加になります。

私の住む地域の場合、ほとんどがママさん。パパはゼロでした。

私は地方公務員ではありますが、プライベートでは地域のコミュニティというのがそもそも苦手で、極力避けたいのですがそうもいきません。

ただ、参加することで、今まで入ってこなかった小学校に関することや地域の情報が入ってくる利点もあります。ネットで出てこないような口コミのアンオフィシャルな情報も入ってきます。

文章を書くことは仕事柄よくしていることなので、パソコン作業が苦手なママさんの集まりの中ではその点は重宝され喜ばれました。

子どもを育てる上で地域の情報は大事です。苦手でなければ積極的に参加した方がいいと思います。

子どものことは心配しなくて大丈夫

私は子どもが小学3年生の時に別居を始めました。私の実家に引っ越したため、子どもは転校をしました。

子どもの環境適応力はすごいです。クラスの友達にも恵まれて、すぐに仲良くなり、今では我が家に友達が毎日遊びに来て、いわゆる溜まり場になっています。

引っ越して最初の年は、夜泣いたり不安定な時期もあり、かわいそうな思いをさせましたが、乗り切ってくれました。両親に恵まれた子よりメンタルはタフになったかなと思います。

親の離婚を経験したことでプラスになっていることもあると思います。もちろん親同士が仲良くいられるのが1番ですけどね。うちはそれができなかったので、2番目の選択肢を選んだ結果です。

離婚を勧めているわけではない

離婚を勧めているわけではありません。私は離婚を決める前に、離婚関係の本をたくさん読みました。妻とも話し合いました。

仮面夫婦でいるより、子どもは私が実家で育てた方がいいという結論になり、今に至っています。離婚の判断は慎重にしてください。読んだ本もいずれ紹介していきたいと思っています。

ここでは最後に1冊だけ紹介しておきますね。夫婦の危機 「これ」がわかれば9割やり直せる! 妻と夫のカウンセリング

なんとかうまくやり直す方法はないか模索していた時に読んだ本です。決断する前に読むべき本です。

以上!

ふたつのランキングに参加しています。よかったらポチッとお願いします。

アヲアヒル
ブログに夢中なアヒル
小学生のひとり娘を育てるシングルファザーの公務員。「なんとかなる」がモットー。人生山あり谷ありだけど、なんとかなる。これからも色々なことに挑戦して、なんとかなっていけたらいいなと思っています。ブログ運営もその1つ。
このブログを見ていただいた皆さんも、ブログを通じてなんとかなってもらえたらうれしいです。
【資格】FP2級、宅建、色彩検定2級

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる