当サイト使用テーマ【SWELL】を見てみる >>

【本を読む前に絶対に読んでおくべき本】レバレッジ・リーディング【読書は最高の自己投資】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

『どんな投資より確実な投資は自己投資である。』

レバレッジ・リーディングの著者は言っています。

自己投資がマイナスに働くことはほぼなく、ほとんどが程度の差こそあれプラスに働くからです。

自己投資として読書をしようと思い立って、読むべき本を探してここにたどり着いた人もいるかもしれません。

あれこれ本を読み始むのは、レバレッジ・リーディングをまず読んでからにした方が絶対にいいです。

投資としての読書を始める前に読むべき本。

そんな本を今回は紹介します。

実際に私もこの本を読んでから1日1冊の本を読むことに成功し、自己投資につながっています。

目次

本は最高の投資対象

本には他人の数十年分の経験や知恵が詰まっていて、それを1,500円程度で買えるのはとても割安と言えます。

優秀な経営者は、たいてい熱心な読書家でもあります。読書をしない一流ビジネスパーソンは存在しません。

例えば、起業を目指しているのなら、起業して成功した人の本を読む「こうやったらうまくいった」という経験型の本が自己投資としての読書には適しています。

レバレッジ・リーディングとは

「レバレッジ」とは「てこ」の働きのことです。

「てこの原理」の「てこ」です。

本を読んで、そこに書かれているノウハウを自分流に応用し、実践で活用する。

少ない労力で、大きな結果を出す。

これがレバレッジ・リーディングです。

著者が年間に読む本はなんと約400冊!

1日に1冊以上です。

ただし速読とは違います。

読むスピードに緩急をつける

本は不特定多数に向けて書かれたものであり、あなたに向けて書かれたものはありません。

1冊の本全てが、自分にとって必要な情報であるわけがなのです。

そこで、自分で重要だと判断したところはゆっくり読み、それ以外は猛スピードで読み飛ばす。

この方法により短時間で本を読むことができ、多読に繋がります。

また、重要なところは線を引いたり、ページを折って後ですぐ分かるようにしておくことが必要です。

読書を習慣化する

毎日何時から何時までというように事前に時間を決めると、習慣になり、継続しやすいです。

肝心なのは習慣にして続けることです。

本を読んだままで終わらせない

これがかなり重要です。

本をせっかく読んでも、時間が経つと忘れてしまい、「読んだことはあるけどどんな内容だったっけ?」といった経験はありませんか?私はよくあります。

これを防ぐために、著者は、本の中で線を引いた部分をパソコンに打ち込んでメモ(レバレッジ・メモ)を作理し、それを常に持ち歩いています。

空き時間に繰り返し読み、そして実践することで本で読んだことが実を結びます。

言葉をおごる

「言葉をおごる」。この本に出てくる言葉なのですが、面白い表現だなと思いました。

レバレッジ・メモを同じような課題を抱える人に伝えるのです。

人は、人に教える時に最もよく学ぶということもあり、こういった方法も勧められていました。

レバレッジ・リーディング実践中!

ただいま1日1冊を数日間続けています。

レバレッジ・リーディングを意識してやると、割とうまくいくものです。

これから自己投資として読書を始めてみようかなと思っている方は是非この本を読んでから、スタートしてみてください。

おすすめですよ。

以上!

ふたつのランキングに参加しています。よかったらポチッとお願いします。

アヲアヒル
ブログに夢中なアヒル
小学生のひとり娘を育てるシングルファザーの公務員。「なんとかなる」がモットー。人生山あり谷ありだけど、なんとかなる。これからも色々なことに挑戦して、なんとかなっていけたらいいなと思っています。ブログ運営もその1つ。
このブログを見ていただいた皆さんも、ブログを通じてなんとかなってもらえたらうれしいです。
【資格】FP2級、宅建、色彩検定2級

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる