当サイト使用テーマ【SWELL】を見てみる >>

公務員の速効ライフハック3点

URLをコピーする
URLをコピーしました!

埼玉県三芳町役場職員、佐久間智之さんの著書「最強効率仕事術 公務員の速効ライフハック」を読んで、特に共感できた3点を紹介します。

公務員に限ったことではないので、皆さん是非試してみてくださいね。

ちなみに同著者の「Officeで簡単! 公務員のための「1枚デザイン」作成術」も当ブログで紹介しています。

こちらもオススメです。

目次

定時に帰るデート思考

「残業は悪。なぜなら残業代は税金だから。」

という前段があってからの話。

『公務員は定時あがりで楽だよねー。』

というイメージを持っている方は一定数いると思います。

実際は定時で帰れる職場はほんの一握り。

大体の職場はなかなか定時で帰れません。

人員削減により、どこも業務量に対して人が少なくなっているのです。

中には帰りづらい職場というのもあります。

仕事的には帰れるのだけれど、上司が残っていて帰れる雰囲気ではない。

公務員に限らず、こういう職場ってあると思うんです。

でも、仕事の後デートがあれば、

定時で帰れるように仕事を終わらせたり、

次の日に回していいものは回したり、

知らず知らずのうちに効率の良いタスクマネジメントをしています。

毎日デートだと思えば、定時で帰ることを念頭にできます。

帰ろうと思えば、意外に帰れるものです。

「嫌いじゃない色眼鏡」をかける

仕事をする中で「苦手な人」「嫌いな人」と接することはあると思います。

「あーこの人苦手だなー」「嫌いだなー」と思うと、

相手に伝わるものです。

うまくいく仕事もダメになったりしてしまいます。

「嫌い」は無駄な時間を生みます。

百害あって一利なしです。

3つのポイントを意識すると、

嫌いな人に柔軟に対応できるようになります。

①相手の悪いところはスルー

②とことん褒める

③自分との共通点を探す

「好きになる」ではなく「嫌わない」ことにすれば良いのです。

「嫌メモ」のススメ

公務員といえば前例踏襲。

前任者から引き継いだとおりに業務を淡々とこなす。

非効率的なこと、無駄なことと分かっていても、

波風立てずに、前例踏襲。

これは悲しいかな、往々にしてあることです。

ちなみに私は違うと断言します。

自分で言うのもなんですが業務改善の鬼です。

効率化大好き。非効率大嫌い。

「これ無駄だなー」

「もっとこうすればいいのに」

仕事をしていると思うことがあります。

それをメモしておきます。

そして改善。

異動して1年目が一番気付くかと思います。

外からの目線で見ることができるので。

中にどっぷり浸かってしまうと、

無駄なこと、非効率なことも当たり前になり、

変えようと思う気持ちがなくなってしまいます。

異動したばかりの方、また、新人の方は、

「これおかしいな」、「変だな」、「無駄だな」

と思ったことは是非メモに残しておいてください。

そして良い方向へ変えていってください。

モチベーション上げていきましょう!

以上3点を紹介しました。

いかがでしたか。

今回紹介したのはごく一部。

最強効率仕事術 公務員の速効ライフハック」では様々なライフハックが紹介されています。

モチベーションも上がりますよ。

以上!

ふたつのランキングに参加しています。よかったらポチッとお願いします。

アヲアヒル
ブログに夢中なアヒル
小学生のひとり娘を育てるシングルファザーの公務員。「なんとかなる」がモットー。人生山あり谷ありだけど、なんとかなる。これからも色々なことに挑戦して、なんとかなっていけたらいいなと思っています。ブログ運営もその1つ。
このブログを見ていただいた皆さんも、ブログを通じてなんとかなってもらえたらうれしいです。
【資格】FP2級、宅建、色彩検定2級

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる